【ROOKIES】早期卒業生2人のほかにも楽しみな好素材

永塚 祐子(神奈川)118回生

昨年12月に早期卒業制度で日本競輪選手養成所を卒業した寺崎浩平、菊池岳仁のほかにも、117、118回生には高いポテンシャルを秘めた候補生がいる。今号では118回生の永塚祐子(写真)候補生をクローズアップする。
自転車競技の経験がない永塚が、競輪選手を志して本格的に乗り出したのは一昨年の1月だった。
「選手になるだけじゃ意味がないと思ってました。だから、乗り始めて3カ月くらいたってもタイムが出なかったら、(選手になるのを)やめようかと」
高校生まで没頭していたバスケットボールで培った身体能力は、自転車でも嘘をつかなかった。グングンとタイムを上げて、一発で日本競輪選手養成所の試験に合格した。養成所では第2回の記録会に続いて、2月の第3回記録会でもゴールデンキャップを獲得した。
「3回目の記録会は自分でピークをもっていって、取りにいったゴールデンキャップだったので自信になりました。正直、競走訓練を走る前は、勝てる感じがしなかったんですけどね。ただ、早期卒業がかかっている時でも、あんまり1着にこだわらないで脚をつけていこうと思ってました。これからも恐れずに自力を出していきたい」
118回生(女子)ではただひとり、早期卒業候補者に選定された118回生トップの永塚のデビューが待ち遠しい。




【!新着!】オススメ競艇予想サイト

「日本競輪投資会」
日本競輪投資会

今だけ!新規会員様限定で「稼げるキャンペーン」情報をご案内!

高額回収金額131万8040円の的中実績確認済み!

新たな情報ルートの確立により会員枠を増枠!
競輪投資で下克上!365日毎日がチャンス!

鉄板の情報と根拠を無料でお届けします。

↓↓今すぐチェック↓↓

競輪関連ニュース
スポンサーリンク
シェアする
競輪予想の詐欺被害検証サイト

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました